ペットボトル

話題の水素水は濃度の高いものを選ぶのが肝心

濃ければ良いのか

水

人気の水素水を飲みたいのであれば、濃度に注目しましょう。開封すると共に水素は逃げてしまうので、なるべく高濃度なものを選んでおくべきなのです。摂取し続ければ、健康体が手に入れられるでしょう。

水素水の濃度

ウーマン

水素水を飲むと体によいと話題ですが、ただ「高濃度水素水だから」と購入することはお勧めしません。どのくらいが高濃度で、自分にどんな効果があるのか、調べたり試したうえで自分に合った水素水を選ぶようにしましょう。

水素の濃度に注意が必要

ウォーター

身体の細胞を傷つけてしまう活性酸素を減らすために、水素を摂取することが有効です。水素の摂取方法の一つに、水素水を飲む方法があります。このときに気にしておかなければならないのが、水素の濃度です。濃い水素水を飲むために、容器などにもこだわりましょう。

性質を知って選んでみよう

婦人

数値は高いほどいい

水素水を選ぶときに誰もが最初にチェックする項目が高濃度であるかどうかでしょう。どの製品がどれくらいの値を含有しているのかは効果を把握する上で非常に重要なことです。もちろん、水素の濃さだけが絶対に重要という訳ではありませんが、より多くの効果を期待するのであれば、できるだけ高い数値の商品を選んでください。というのも、水素は元々水中に留まりにくい性質を持っているので、体内の活性酸素を還元して美容や健康に良い効果を出すには、一定の濃度が必要になるからです。一般的な水素水の濃度は1.0ppm前後ですが、1.6ppmを超える値になると、肌荒れが解消されたり病気になりにくくなるなどのメリットが出るスピードが上がります。ただ、飽和水素水の濃度は常温常圧で1.6ppmであり、基本的にはそれ以上にすることは難しいです。しかし、水素を溶かす際に1気圧以上の高い圧力をかけることで、1.6ppm以上の値を出すことができることが分かっています。最近は5.0ppm〜7.0ppmなど、かなり高い数値の製品も発売されていますが、高濃度であることによるメリットには限界があるとも言われています。しかしながら、水素は元々抜けやすい性質があるので、実際には濃度が高ければ高いほどメリットも多いのです。たとえば、1.0ppmの場合は一度、封を開けしまうと、10時間程度で数値が0となります。これに対して、6.9ppmの場合は、濃度が0になるまでに19時間程度かかります。もちろん、この結果は保存方法によっても異なりますが、基本的には濃度が高いほうが効果が長続きすることが研究結果により明らかにされています。こうした時間的な濃度の差は、水素水を飲む方の評判に大きな違いをもたらします。よって、コスパということを除けば、濃度が高ければ高いほど評判がよくなるのです。

Copyright © 2017 話題の水素水は濃度の高いものを選ぶのが肝心 All Rights Reserved.