個性豊かな部屋

個性を出したいと思っている人は、インテリアなどを上手く活用してみましょう。また、インテリアスタイルにも様々なものがあります。スタイルにこだわれば、より自分らしい部屋が作れるようになるのです。まずは、参考として有名なインテリアスタイルの種類から見ておきましょう。

有名なインテリアスタイル

インテリア

アメリカンスタイル

レトロ感のあるアメリカンヴィンテージスタイルやログハウスのようなアメリカンカントリースタイルなどがあります。ヴィンテージスタイルの場合は、ポップな色合いのインテリアを活用すると良いでしょう。西海岸スタイルも人気です。

北欧スタイル

白を基調としたインテリアスタイルである、北欧スタイルも有名です。また、カラフルな差し色を使います。直線的なデザインのインテリアを多く用いるのが特徴の一つでしょう。快適に生活できる空間を作るのがテーマにもなっているのが北欧スタイルです。

南欧スタイル

地中海スタイルとも呼ばれているインテリアスタイルです。こちらも白を基調としていますが北欧スタイルよりも落ち着いており、のんびりとした印象があります。また、素朴な雰囲気を醸し出すインテリアを使うのも特徴でしょう。

アジアンスタイル

中国風とエスニック風の二種類に大きく分けられるのがアジアンスタイルです。中国風インテリアスタイルでは、派手な色を使います。例えば、赤や金、緑などが挙げられるでしょう。エスニック風だと、南国のような雰囲気が味わえます。観葉植物なども上手く取り入れるのです。

アフリカンスタイル

民族住居がイメージのアフリカンスタイルも、近年注目されるようになってきています。原色を上手く使うのが特徴で、よりパワフルな印象の部屋を作れるでしょう。無垢材などを多用することでよりアフリカンな雰囲気が作れるようになります。

数を考えよう

部屋の模様替えには様々なインテリアが使えます。そこで気を付けたいのがインテリアの数です。早速、インテリアの数による部屋の印象の変化を比べてみましょう。

インテリアの数を比較

インテリアが多い

部屋の中に多くのインテリアを置くことで、より個性を強調することができます。インテリアが少ない部屋よりも、自分らしさを表現しやすくなるでしょう。

インテリアが少い

インテリアが少ない部屋は、インテリアが多い部屋に比べるとシンプルな印象になります。より落ち着きのある空間を作ることができるでしょう。

ロートアイアンなどのインテリアを使う方法

ロートアイアン

テイストに合わせて

テイストによってマッチするインテリアは変わってきます。例えば、和風テイストな部屋にロートアイアンを組み合わせるのは至難の業でしょう。しかし、洋風テイストであれば特に問題はありません。まずはテイストを決めてから必要なインテリアを揃えるのです。

部屋

必要なアイテムを使う

もしテレビを部屋に置く場合、テレビ台などが必要になってきます。このように、必要性の高いアイテムを上手く活用するのも模様替えを成功させるポイントとなるのです。ルミナスのテレビ台などを使うと良いでしょう。本棚やラックなども購入できます。

玄関

大きな家具の配置

2人掛けの大きなソファーなど、大型の家具の配置にも気を配ってみましょう。何も考えずにソファーを置いてしまうと、生活の邪魔になることがあります。また、部屋の見た目も悪くなるでしょう。生活の動線などを意識しながら大きな家具を配置します。

インテリア

色を揃える

家具やインテリアの配色にも注意するようにしましょう。色どうしの相性を見ながら模様替えを行います。例えば、パステルカラーばかり集めてしまうと、少し派手な印象の部屋になるでしょう。少し大人しめの色のインテリアなどを取り入れると全体の雰囲気が引き締まります。

全体を見ながら

一か所だけに集中してしまうと、模様替えに失敗しやすくなります。テイストや色、家具やインテリアの配置など全体を把握するようにしましょう。そうすれば、バランスが崩れてしまうのを防げるのです。

広告募集中