水を飲む人

話題の水素水は濃度の高いものを選ぶのが肝心

水素の濃度に注意が必要

ウォーター

活性酸素には水素で対抗

活性酸素が、現在の様々な病気の原因となっていると考えられています。活性酸素は、私たちが呼吸で酸素を取り込み、細胞内でエネルギーに変えられるときに出るもので、必要以上に発生してしまうと、細胞を傷つけ始めてしまいます。このことにより、皮膚や血管の老化やがん細胞の発生、アルツハイマーの発症などが引き起こされると言われています。これら活性酸素は、現代人の生活する環境において多く発生しやすくなっています。乱れた食生活や生活リズム、ストレスなどによって、活性酸素が発生してしまいます。他にも、喫煙や飲酒なども原因の1つとされているのです。この活性酸素を消去してくれる働きがあるとして注目を集めているのが「水素」です。活性酸素は、活性化しているが故、様々な物質と結びつきやすいという特徴があります。この特徴によって、体内の物質と結びつき、体内で悪さをしてしまうというわけです。水素には、酸素と結びつき、水に変化する性質があります。活性酸素は、普通の酸素よりも結びつきたい力が大きいので、体内に入った水素と結びつきやすく、水に変化します。この仕組みで、水素は体内の活性酸素を消去してくれるのです。水素を体内に取り込む方法として、水素水を飲む方法があります。ただし、一つ気をつけてほしいのが、水素水の濃度です。水素は気体であるため、水に溶けにくく、溶けてもすぐに抜けてしまいます。ペットボトルなどに入った水素水は、開けた瞬間でも濃度が0に近くなっているという報告もあるため、水素の濃度が下がりにくいアルミパウチやアルミ缶に入ったものを飲むことをおすすめします。また、封を切ったらできるだけ早く飲むというのが、濃度の高い水素水を飲むためには大事です。

Copyright © 2017 話題の水素水は濃度の高いものを選ぶのが肝心 All Rights Reserved.